[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の三 文字スタイルを設定する

公開日: : 最終更新日:2014/02/10 DraftSight オリジナルテンプレートをつくろう

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】

違う操作(コマンド)を行う時は『Esc』でキャンセルできます。『Esc』でキャンセルはよく使うので覚えておきましょう。

文字スタイルを設定する

デフォルトでは『Standerd』に設定されているが『Standerd』の文字スタイルが変更されている図面を使うときに、自分のスタイルと変わってしまうので、ここでもオリジナル『文字スタイル』を作っておきます。文字スタイルはオリジナル『寸法スタイル』を設定する時にも使います。

上部メニューの「形式」→「文字スタイル」を選択
01keisiki-mojisutairu

新規をクリックして新しい文字スタイルの名前を入力。『ume』とします。(梅次のumeです)
02追加

文字の設定をします。
フォントは『Arial』のままだとAutoCADで開いた時に日本語が出力されなかったので『MS ゴシック』にする。
そして、高さを『2』、間隔を『0.8』としました。
(高さを2mmにしたのはA3で出力した際に読める最小のサイズとする為)
『間隔』は文字の横比率です。1.0だとチョット太っちょに見えるので、気持ち痩せさせました。
03文字設定
設定が終わったら『OK』をクリック。

早速テキストを図面に挿入してみましょう。
右のコマンド群から『注釈』を選択。
04注釈

文字を挿入したいエリアを指定。『あいうえお abcd ABCD 1234567890』と入力してみました。
05-2

06小さい

A3用紙サイズに対して2mmの文字なので小さいですが、マウスのホイールを上下して拡大縮小できますので確認してみましょう。(作図エリアの全面表示させたい場合はホイールボタンをダブルクリックです。)
07拡大

テキストを編集したい時はテキストをダブルクリックすると編集できます。

『注釈』『簡易注釈』の違い
『注釈』はテキストエリア内で改行ができます。特記を挿入したい時に便利です。確定する時には『注釈を作成』ボタンを押す手間が発生します。
08注釈を作成ボタン0

『簡易注釈』は1行テキストです。編集時に『Enter』で確定できるのでリスト等を作る時に用いると便利です。
10sample

以上でオリジナル文字スタイルが作成できました。今までのCAD図面はプロッターを使っていた為単線のフォントが利用されていました。しかし、大型のレーザープリンターやインクジェットプリンターの出現によりMSゴシックの様なTrueTypeフォントを使用した図面も多くなりました。

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】

関連記事

[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の二 レイヤーを設定する

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】  オリジナルテンプレートをつくろう 其の一 

記事を読む

[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の四 寸法スタイルを設定する

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】  オリジナルテンプレートをつくろう 其の一 

記事を読む

[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の一 用紙領域の四角を描く

何故オリジナルのテンプレートを作っておくかというと、デフォルトの寸法スタイル、文字スタイルを変更して

記事を読む

[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の五 線種を設定する

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】  オリジナルテンプレートをつくろう 其の一 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

[AutoCAD] マウスホイール ZOOMの倍率を変更したい

マウスホイールでZOOMする際、倍率が大きくて(又は小さくて)使いづら

[AutoCAD] 複数の寸法値位置を一括リセット

寸法が任意に移動されたデータを一括してリセット位置に戻す方法。

[AutoCAD] ビューポートで寸法、文字、ブロックが消える

モデル空間では表示されているのに、ビューポートで寸法、文字、ブロックが

[DraftSight] AutoCAD 2018形式データが開けない時はDraftSight 2018で。

AutoCAD 2018からデータ形式が2018形式に変わりました。

[DraftSight] 線分や円弧を等分割する<MARKDIVISIONS>

線分や円弧を等分割する時は「MARKDIVISIONS」コマンドを使用

→もっと見る

PAGE TOP ↑