[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の二 レイヤーを設定する

公開日: : 最終更新日:2014/02/10 DraftSight オリジナルテンプレートをつくろう

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】

違う操作(コマンド)を行う時は『Esc』でキャンセルできます。『Esc』でキャンセルはよく使うので覚えておきましょう。

レイヤーを設定する

基本操作を覚えるために、レイヤーを2種類追加します。左上の『画層マネージャー』をクリック。『画層マネージャー』のウインドウが開きます。
01 basou

新規ボタンでレイヤーを追加します。
02 SnapCrab_画層マネージャー_2014-1-17_12-29-35_No-00

名前をそれぞれ『000-図枠』『999-OFF』とします。『999-OFF』の線の色を変更。『999-OFF』の印刷をダブルクリックしてOFFに変更。
03 innsatu off
名前に何故番号を付けたかというと作業するためにレイヤーを移動時に順番に表示させたい為です。それから『999-OFF』は通常『仮想線』と呼ばれる線を引くためのレイヤーとして作成しました。印刷されない目印にする線を書く為のレイヤです。ここではA3用紙の範囲で使います。

レイヤーを追加したら今あるオブジェクトをそれぞれのレイヤーに移動します。移動はオブジェを選択して『画層マネージャー』の右にあるプルダウンメニューで移動したいレイヤを選択するだけ。

選んで
04-1 a3ryouiki

移動
04-2 a3ryouki off

同じくA3用紙範囲のラインも移動
05 zuwaku ryouiki0

完成
06 dekita

引き続きレイヤを追加していきます。今後『オリジナルテンプレートをつくろう』で使うかもしれないレイヤです。
画層マネージャー_No-00
部屋の間取りをCADで作図することを想定してレイヤを作ってみました。

  • 010-芯線:赤色
  • 020-壁:緑色
  • 030-設備:水色 ※水回りや電気関係用
  • 040-家具:紫色
  • 070-寸法:青色
  • 080-文字:緑色
  • 090-その他:緑色

通り芯の線種は一点鎖線を使いますが、後ほどオリジナル線種を設定してから反映します。デフォルトの一点鎖線でもいいのですがスケール1/1だと細かくて格好がよくありません。(線種尺度を上げればいいのですがオリジナルテンプレートを作っておけば他の図面を流用した時にも設定が崩れなくて面倒がありません。

以上でレイヤーの追加、移動が完了です。作図する内容によってレイヤーは変わってきますが、基本となるレイヤー、例えば『芯線』『寸法』などはどの図面でも共通で使用します。その都度追加するよりもテンプレートを作成して必要に応じて追加すると図面に統一感が出てクライアントに喜ばれます。

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】

関連記事

[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の三 文字スタイルを設定する

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】  オリジナルテンプレートをつくろう 其の一 

記事を読む

[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の一 用紙領域の四角を描く

何故オリジナルのテンプレートを作っておくかというと、デフォルトの寸法スタイル、文字スタイルを変更して

記事を読む

[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の五 線種を設定する

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】  オリジナルテンプレートをつくろう 其の一 

記事を読む

[ DraftSight ] オリジナルテンプレートをつくろう 其の四 寸法スタイルを設定する

【オリジナルテンプレートをつくろう メニュー】  オリジナルテンプレートをつくろう 其の一 

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

[AutoCAD] マウスホイール ZOOMの倍率を変更したい

マウスホイールでZOOMする際、倍率が大きくて(又は小さくて)使いづら

[AutoCAD] 複数の寸法値位置を一括リセット

寸法が任意に移動されたデータを一括してリセット位置に戻す方法。

[AutoCAD] ビューポートで寸法、文字、ブロックが消える

モデル空間では表示されているのに、ビューポートで寸法、文字、ブロックが

[DraftSight] AutoCAD 2018形式データが開けない時はDraftSight 2018で。

AutoCAD 2018からデータ形式が2018形式に変わりました。

[DraftSight] 線分や円弧を等分割する<MARKDIVISIONS>

線分や円弧を等分割する時は「MARKDIVISIONS」コマンドを使用

→もっと見る

PAGE TOP ↑