[AutoCAD] 線分や円弧を等分割する<DIVIDE>

公開日: : AutoCAD, コマンド

線分や円弧を等分割する時は「DIVIDE」コマンドを使用します。

『任意の線分を10分割にします』
※実際は線分が10個に分かれるのではなく、等分されたポイントが追加されます。

コマンドラインに「divide」でenter。

「分割するオブジェクトを選択:」分割したい線分を選択。

「分割数を入力 または [ブロック(B)]:」で「10」でenter。

何も起こってないように見えますが線分を全体選択すると
等分された点が追加されています。

円を分割するとこんな感じ

関連記事

[AutoCAD] 鏡像(MIRROR)コマンドで反転させると文字も反転してしまう

図面を鏡像(MIRROR)コマンドで反転させると文字が反転されてしまう事があります。 この現象

記事を読む

オリジナルのコマンドを追加する(エイリアスの設定)

『線』を引く場合、 ①作成→線(L) ②ツールバーで『線分』 ③直接コマンドラインに『line』また

記事を読む

[Autocad 2012] オリジナルツール 『選択レイヤ以外のoff・on』

以前【[ DraftSight ] オリジナルツール 『選択レイヤ以外のoff・on』】をUPさせて

記事を読む

[AutoCAD] Autocad2012を軽くする為にやったこと

Windows7移行に伴い、使ってなかったAutoCAD2012の出番がやってきた。 なぜ今ま

記事を読む

[Autocad 2015] 『ディスプレイドライバーの応答と回復』 エラーの回避

AutoCAD 2015 エラーで ”ディスプレイドライバーの応答と回復 ディスプレイドライ

記事を読む

[ AutoCAD ] コピーや基点を指定してコピーが出来ない場合 そんな時にもDraftSight

相手に新しいバージョンのデータをダウングレードしてもらって、古いバージョンのAutoCADで作業

記事を読む

[AutoCAD] 表示画面で線の太さを反映させるには

通常表示画面の線種の太さは作業がやりにくいので表示をoffにしているが、「線の太さを反映させたい」時

記事を読む

[AutoCAD] DWGファイルを一括バージョンダウン・アップ

相手先のバージョンが古い場合、保存形式をバージョンダウンしなければならない。数枚ならいちいち開いて保

記事を読む

[DraftSight] AutoCAD 2018形式データが開けない時はDraftSight 2018で。

AutoCAD 2018からデータ形式が2018形式に変わりました。 当然、AutoCAD 201

記事を読む

[AutoCAD] 複数の寸法値位置を一括リセット

寸法が任意に移動されたデータを一括してリセット位置に戻す方法。 変更したい寸法を選択して 「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

[AutoCAD] マウスホイール ZOOMの倍率を変更したい

マウスホイールでZOOMする際、倍率が大きくて(又は小さくて)使いづら

[AutoCAD] 複数の寸法値位置を一括リセット

寸法が任意に移動されたデータを一括してリセット位置に戻す方法。

[AutoCAD] ビューポートで寸法、文字、ブロックが消える

モデル空間では表示されているのに、ビューポートで寸法、文字、ブロックが

[DraftSight] AutoCAD 2018形式データが開けない時はDraftSight 2018で。

AutoCAD 2018からデータ形式が2018形式に変わりました。

[DraftSight] 線分や円弧を等分割する<MARKDIVISIONS>

線分や円弧を等分割する時は「MARKDIVISIONS」コマンドを使用

→もっと見る

PAGE TOP ↑