[Autocad 2012] オリジナルツール 『選択レイヤ以外のoff・on』

公開日: : AutoCAD, ツールバー

以前【[ DraftSight ] オリジナルツール 『選択レイヤ以外のoff・on』】をUPさせてもらった。今回はそれのAutocad 2012版です。

Autocad(2012)を使用していて現在作業しているレイヤ以外を非表示、そして全レイヤ表示にしたい時があると思います。2005から2012バージョンにして、しばらくはコマンドで操作していたのだが面倒になってきたので。

今回は『現在の画層以外を非表示にする』と『全ての画層を表示』を作成します。

まずは適当なアイコンを作っておく。赤がOFF、緑がONとした。
何だかスモールとラージ、2種類必要みたいだから「16×16」と「24×24」のBMPデータを作っておく。
sample:Lon_Large Lon_Small Loff_Large Loff_Small

※メニューは『AutoCADクラッシック』で作業してます。
※参照:[AutoCAD]Autocad2012を軽くする為にやったこと

[ツール]-[カスタマイズ]-[インターフェイス] で 『ユーザインターフェイスをカスタマイズ』を開きます。
01

『新しいコマンド』ボタンで『コマンド1』『コマンド2』の2個作成
02

それぞれの『プロパティ』を下記の様に設定。

名前:「全ての画層をOFF」
マクロ:「_laymcur;-layer;of;*;n;;」
小さいイメージ:(小さい赤丸bmpデータ)
大きいイメージ:(大きい赤丸bmpデータ)
要素ID:L-off(適当)
03

名前:「全ての画層をON」
マクロ:「-layer;on;*;;」
小さいイメージ:(小さい緑丸bmpデータ)
大きいイメージ:(大きい緑丸bmpデータ)
要素ID:L-on(適当)
04

『ユーザインターフェイスをカスタマイズ』のコマンド一覧より直接ツールを好きな場所のメニューバーに「ドラッグ&ドロップ」で追加します。
05

06

これでオリジナルツールが作成されました。

使い方は簡単。
残したいレイヤのオブジェを選択して(例えば画層03のみ表示させたい場合)
07

赤丸ボタンを押すと、それ以外のレイヤが非表示になります。
08

全レイヤを表示させたい時は緑ボタンを押して表示。
09
以上です。


【補足】
「全ての画層をOFF」のマクロについて。
マクロ:「_laymcur;-layer;of;*;n;;」これを分解してみる。

赤丸ボタンを押すと以下の様なコマンドが実行されます。
赤文字が自動でコマンド入力される部分です。『;』は「決定(Enter)」なのでコマンドの後に必ず付きます。
※『laymcur』は現在画層を変更するコマンドです。
※『layer』はレイヤーを管理するコマンドです。

<コマンドここから>
コマンド: _laymcur
03 は現在の画層になりました。
コマンド: -layer
現在の画層: “03”
オプションを入力
[一覧(?)/現在の層の新規作成(M)/現在の層の変更(S)/新規作成(N)/名前変更(R)/表示(ON)/非表示(OF)/色設定(C)/線種設定(L)/線の太
さ(LW)/透過性(TR)/マテリアル(MAT)/印刷(P)/フリーズ(F)/フリーズ解除(T)/ロック(LO)/ロック解除(U)/画層状態(A)/説明(D)/
正規画層(E)]: of
非表示 にする画層の名前リストを入力 または <オブジェクトを選択>: *
現在の画層 “03” を非表示にしますか? n
オプションを入力
[一覧(?)/現在の層の新規作成(M)/現在の層の変更(S)/新規作成(N)/名前変更(R)/表示(ON)/非表示(OF)/色設定(C)/線種設定(L)/線の太
さ(LW)/透過性(TR)/マテリアル(MAT)/印刷(P)/フリーズ(F)/フリーズ解除(T)/ロック(LO)/ロック解除(U)/画層状態(A)/説明(D)/
正規画層(E)]:
<コマンドここまで>

こうしてみると何となくどんな感じで命令と実行が見えてくると思います。自分もAutoCAD 2005の時は一生懸命オリジナルコマンドを作っていましたが2012にして色々と便利なコマンドが標準になったので今使えるツールはこれぐらいかなぁ。不便になったところも多いけどね。

関連記事

[AutoCAD] 鏡像(MIRROR)コマンドで反転させると文字も反転してしまう

図面を鏡像(MIRROR)コマンドで反転させると文字が反転されてしまう事があります。 この現象

記事を読む

[AutoCAD・DraftSight] デフォルト保存形式のバージョンを落とす方法

常に新しいAutoCADを使っている場合は問題がないが、相手先がAutoCAD 2005バージョンを

記事を読む

[AutoCAD] 線分や円弧を等分割する<DIVIDE>

線分や円弧を等分割する時は「DIVIDE」コマンドを使用します。 『任意の線分を10分割にしま

記事を読む

[Autocad 2015] 『ディスプレイドライバーの応答と回復』 エラーの回避

AutoCAD 2015 エラーで ”ディスプレイドライバーの応答と回復 ディスプレイドライ

記事を読む

[DraftSight] 線分や円弧を等分割する<MARKDIVISIONS>

線分や円弧を等分割する時は「MARKDIVISIONS」コマンドを使用します。 ※Autocadで

記事を読む

5ボタンマウス

CAD作業には5ボタンマウスを使っている。 IntelliMouse Optical (残念なが

記事を読む

オリジナルのコマンドを追加する(エイリアスの設定)

『線』を引く場合、 ①作成→線(L) ②ツールバーで『線分』 ③直接コマンドラインに『line』また

記事を読む

[AutoCAD] 複数の寸法値位置を一括リセット

寸法が任意に移動されたデータを一括してリセット位置に戻す方法。 変更したい寸法を選択して 「

記事を読む

[AutoCAD] Autocad2012を軽くする為にやったこと

Windows7移行に伴い、使ってなかったAutoCAD2012の出番がやってきた。 なぜ今ま

記事を読む

[AutoCAD] 線を移動させると寸法線がずれる

 オブジェクトを移動させた時、寸法線が一緒にずれる場合、DIMASSOCの設定が「2」になってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

[AutoCAD] マウスホイール ZOOMの倍率を変更したい

マウスホイールでZOOMする際、倍率が大きくて(又は小さくて)使いづら

[AutoCAD] 複数の寸法値位置を一括リセット

寸法が任意に移動されたデータを一括してリセット位置に戻す方法。

[AutoCAD] ビューポートで寸法、文字、ブロックが消える

モデル空間では表示されているのに、ビューポートで寸法、文字、ブロックが

[DraftSight] AutoCAD 2018形式データが開けない時はDraftSight 2018で。

AutoCAD 2018からデータ形式が2018形式に変わりました。

[DraftSight] 線分や円弧を等分割する<MARKDIVISIONS>

線分や円弧を等分割する時は「MARKDIVISIONS」コマンドを使用

→もっと見る

PAGE TOP ↑