[Autocad 2015] 『ディスプレイドライバーの応答と回復』 エラーの回避

公開日: : AutoCAD, エラー 対処法

AutoCAD 2015 エラーで

”ディスプレイドライバーの応答と回復
ディスプレイドライバー、、、が応答を停止しましたが、正常に回復しました。”

というバルーンが出て、何やらエラーを回復したようなバルーンが表示されるんだけど、モデル空間はなにも表示されない現象に悩まされてた。

一時的に他のタブを開いて、また作業中のタブに戻ると表示はされるんだが、一日に何回もエラーが出るので正直困っていたのだが、解決したのでメモっておく。

<参照>エラー:ディスプレイドライバーの応答と回復

『Windows7のエアロ効果をオフにする』で解決してしまった。

エアロ効果のオフはググって見るとすぐにわかるのでそちらを参照されたし。おわり。

関連記事

[AutoCAD・DraftSight] デフォルト保存形式のバージョンを落とす方法

常に新しいAutoCADを使っている場合は問題がないが、相手先がAutoCAD 2005バージョンを

記事を読む

[ DraftSight ] オリジナルツール 『選択レイヤ以外のoff・on』

AC(autocad)ではオリジナルのツールを使っている。 『現在の画層以外を非表示にする』と

記事を読む

[AutoCAD] 鏡像(MIRROR)コマンドで反転させると文字も反転してしまう

図面を鏡像(MIRROR)コマンドで反転させると文字が反転されてしまう事があります。 この現象

記事を読む

[AutoCAD] 表示画面で線の太さを反映させるには

通常表示画面の線種の太さは作業がやりにくいので表示をoffにしているが、「線の太さを反映させたい」時

記事を読む

オリジナルのコマンドを追加する(エイリアスの設定)

『線』を引く場合、 ①作成→線(L) ②ツールバーで『線分』 ③直接コマンドラインに『line』また

記事を読む

[AutoCAD] 線を移動させると寸法線がずれる

 オブジェクトを移動させた時、寸法線が一緒にずれる場合、DIMASSOCの設定が「2」になってい

記事を読む

[AutoCAD] マウスホイール ZOOMの倍率を変更したい

マウスホイールでZOOMする際、倍率が大きくて(又は小さくて)使いづらい時は 「ZOOMFACTO

記事を読む

5ボタンマウス

CAD作業には5ボタンマウスを使っている。 IntelliMouse Optical (残念なが

記事を読む

[DraftSight] AutoCAD 2018形式データが開けない時はDraftSight 2018で。

AutoCAD 2018からデータ形式が2018形式に変わりました。 当然、AutoCAD 201

記事を読む

[DraftSight] 線分や円弧を等分割する<MARKDIVISIONS>

線分や円弧を等分割する時は「MARKDIVISIONS」コマンドを使用します。 ※Autocadで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

[AutoCAD]寸法を既定のレイヤにまとめる〈DIMLAYER〉

寸法を既定のレイヤにまとめるには「DIMLAYER」。 既定の

[AutoCAD] マウスホイール ZOOMの倍率を変更したい

マウスホイールでZOOMする際、倍率が大きくて(又は小さくて)使いづら

[AutoCAD] 複数の寸法値位置を一括リセット

寸法が任意に移動されたデータを一括してリセット位置に戻す方法。

[AutoCAD] ビューポートで寸法、文字、ブロックが消える

モデル空間では表示されているのに、ビューポートで寸法、文字、ブロックが

[DraftSight] AutoCAD 2018形式データが開けない時はDraftSight 2018で。

AutoCAD 2018からデータ形式が2018形式に変わりました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑