オリジナルのコマンドを追加する(エイリアスの設定)

公開日: : 最終更新日:2019/08/14 AutoCAD, DraftSight, カスタマイズ, コマンド

『線』を引く場合、
①作成→線(L)
②ツールバーで『線分』
③直接コマンドラインに『line』または『l(エル)』と入力して『enter』
の3種類がある。

俺は主にコマンドラインを使う。でもアルファベットを使うとちょっと忙しいので数字を割り振ってる。

なぜこんなことをするのか?

これによって左手は常にテンキーに置いたままで作図ができるからね。 大体使うコマンドは線、複写、面取り、フィレット、オフセット、寸法、鏡像、、、、まぁ、こんなもんなので、よく使う順に1桁、または2桁の数字でエイリアスを作って作業してます。ツールをいちいち拾いに行かなくて済むから作業が早い。

オフセットは『35』としておけば、『3、5、enter』でオフセット てな感じ。

で、その設定ファイルはどこにあるかというと、
ツール→オプション
ファイルの場所→インターフェイス→エイリアスファイルの場所
で確認出来る。
※ちなみに俺の場合 C:\Users\xxx\AppData\Roaming\DraftSight\1.2.265\Alias

この『Alias』フォルダ中の『alias.xml』がエイリアス設定ファイル。
Autocadの『acad.pgp』に当たる。acad.pgpをいじってる人ならなんとなくカスタム出来ると思う。

メモ帳で開くと

<aliases>
    <record command="_+DRAFTINGOPTIONS" alias="+DSETTINGS"/>
    <record command="_+VIEWTILES" alias="+VPORTS"/>
    <record command="_AREABOUNDARY" alias="-AB"/>
    <record command="_-ACTIONMANAGER" alias="-ACTMANAGER"/>
    <record command="_-PATTERN" alias="-AR"/>
    ・
    ・
    <record command="_LINE" alias="L"/>
    ・
    ・
    <record command="_INFINITELINE" alias="_XLINE"/>
    <record command="_REFERENCES" alias="_XLINK"/>
    <record command="_OPENREFERENCE" alias="_XOPEN"/>
    <record command="_REFERENCES" alias="_XREF"/>
    <record command="_HIDEREFERENCES" alias="_XREFCLOSE"/>
</aliases>

って感じになってる。

ちなみに『LINE』のところは

<record command=”_LINE” alias=”L”/>

つまり、『Line』コマンドは『L』でもいいよ、となってる.

これをコピーして『L』を『5』にする。

<record command=”_LINE” alias=”5″/>

として<aliases>~</aliases>の間に追加してあげればOK。

こんな面倒なことをしなくても
ツール→オプション
ユーザープリファレンス→別名
でエイリアスの追加や削除ができるんだけど、大量に設定するときは直接ファイルに書いたほうが楽かな?と思ったのでメモっておきました。

関連記事

[AutoCAD・DraftSight] デフォルト保存形式のバージョンを落とす方法

常に新しいAutoCADを使っている場合は問題がないが、相手先がAutoCAD 2005バージョンを

記事を読む

[ DraftSight ] オリジナルツール 『選択レイヤ以外のoff・on』

AC(autocad)ではオリジナルのツールを使っている。 『現在の画層以外を非表示にする』と

記事を読む

[AutoCAD] ビューポートで寸法、文字、ブロックが消える

モデル空間では表示されているのに、ビューポートで寸法、文字、ブロックが消える問題。 こちらに解

記事を読む

Autocadと互換性の高いフリーウェア『DraftSight』

DraftSightとはDWGファイル対応プロ仕様のフリーCADソフトウエア URL:http:/

記事を読む

[AutoCAD] 線を移動させると寸法線がずれる

 オブジェクトを移動させた時、寸法線が一緒にずれる場合、DIMASSOCの設定が「2」になってい

記事を読む

5ボタンマウス

CAD作業には5ボタンマウスを使っている。 IntelliMouse Optical (残念なが

記事を読む

[AutoCAD] 表示画面で線の太さを反映させるには

通常表示画面の線種の太さは作業がやりにくいので表示をoffにしているが、「線の太さを反映させたい」時

記事を読む

オリジナルのコマンド公開

個人的に設定しているコマンドを公開しておく。 ※コマンドの追加方法は『オリジナルのコマンドを追加す

記事を読む

[DraftSight] 線分や円弧を等分割する<MARKDIVISIONS>

線分や円弧を等分割する時は「MARKDIVISIONS」コマンドを使用します。 ※Autocadで

記事を読む

[Autocad 2015] 『ディスプレイドライバーの応答と回復』 エラーの回避

AutoCAD 2015 エラーで ”ディスプレイドライバーの応答と回復 ディスプレイドライ

記事を読む

Comment

  1. […] ※コマンドの追加方法は『オリジナルのコマンドを追加する(エイリアスの設定)』を参照して下さい。 […]

  2. […] Draftsightで唯一残念なのは右クリックで出てくるメニューに『copy』が無いこと。autocadで便利なので使っていたが、draftsightには無かった。とは言ってもコマンド入力スタイルなので問題もない。ちょっと前まで『copy』もコマンドを使っていたしね。 ※参照 DraftSight Tips『オリジナルのコマンドを追加する(エイリアスの設定)』 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

[AutoCAD] マウスホイール ZOOMの倍率を変更したい

マウスホイールでZOOMする際、倍率が大きくて(又は小さくて)使いづら

[AutoCAD] 複数の寸法値位置を一括リセット

寸法が任意に移動されたデータを一括してリセット位置に戻す方法。

[AutoCAD] ビューポートで寸法、文字、ブロックが消える

モデル空間では表示されているのに、ビューポートで寸法、文字、ブロックが

[DraftSight] AutoCAD 2018形式データが開けない時はDraftSight 2018で。

AutoCAD 2018からデータ形式が2018形式に変わりました。

[DraftSight] 線分や円弧を等分割する<MARKDIVISIONS>

線分や円弧を等分割する時は「MARKDIVISIONS」コマンドを使用

→もっと見る

PAGE TOP ↑